忍者ブログ
雑記と備忘録のニュースサイトもどき。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・原作小説からアニメ化する際にどうしても省かれたり説明不足な点というのはあるわけで。既読者として少しだけどうでもいい部分を補足してみる。本当はこれを機会に小説を購入してくださるのが一番いいんだけど。極力省いたがやや私見入ってるかも。

□第一話冒頭のあれは何?
化物語の前日譚として発売された「傷物語」の内容。こよみヴァンプ。暦が過去として語る吸血鬼になったお話。

□ひたぎクラブのクラブの意味。
蟹のcrabという意味と口語的な文句ばかり言う、意地悪な人という意味のダブルミーニング?crabbyの気難しい、イライラしたという意味もあるかも。ひたぎが陸上部だったというクラブとは関係ないやも。

□暦は右腕に時計をしている。
左利きではない。ひねくれてるから。かっこつけてるともいうかも。

□第二話冒頭の文章。
忍野が二人に語った海外の昔話。自分の影を若者は金貨10枚で売り渡してしまう。影があるという当たり前の常識を売り渡してしまったことを迫害されてから気付いたときには遅かったという話。

□暦は天文学や宇宙に詳しいのか。
ひたぎからしたら馬鹿にされて当然。後でわかる。

□蟹を呼び出す場に暦がいたのは?
忍野はいざってときに元吸血鬼だからひたぎの壁になるかなとは思ってた。実際全く役にたたなかった。

□暦は事件の概要、時系列を少し勘違いしていた。
与えられた情報では当然なのだが。この辺はミステリー書いてる西尾維新先生だなーと。駆け足のアニメではわかりづらいかも。暦は蟹に行き会う→その事を苦に母親が→家庭崩壊だと思っていたが、ひたぎの告白のスパイクの部分で例の事件が陸上部時代であるとわかり、ひたぎの病気→母親が→家庭崩壊→蟹が「正しい順番だと理解する。暦はひたぎの家に行った際わざと見せびらかすように見せつけられたがそのせいかかえってまじまじと観察することはなかった。背中にうっすら手術痕があるのだが髪型と正面からしか攻め込まれていないので気付かなかったということ。

□ひたぎさんはデレたの?
あれでデレたと思ったら痛い目にあう。

・他なんかあればと思うけどないか。とにかく化物語はあちこちの何気ないその場ではギャグで済まされた台詞とかが伏線になっているので。この辺やっぱりミステリーっぽいよなーと。一字一句とは言わないけど色々覚えてるといい事あるかも。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
cotoka
性別:
非公開
最新CM
[12/23 ふさ]
[11/08 きょほー]
[10/31 きょほー]
[09/12 cotoka]
[09/10 koizumi]
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]